名古屋大学 大学院理学研究科 物質理学専攻(化学系) 無機化学研究室

Staff

邨次助教

邨次 智

Satoshi, MURATSUGU

職位 / 講師
学位 / 博士(理学)東京大学

〒464-8602 名古屋市千種区不老町
野依物質科学研究館4F 405号室
Phone:052-788-6093
smuratsugu"at"chem.nagoya-u.ac.jp

学歴

平成16年3月
東京大学理学部化学科卒業
平成18年4月
東京大学大学院理学系研究科化学専攻修士課程修了
平成21年3月
東京大学大学院理学系研究科化学専攻博士課程修了
博士(理学)取得(東京大学)

職歴

平成18年4月~平成21年3月
日本学術振興会 特別研究員 (DC1)
平成21年4月~平成25年3月
分子科学研究所 物質分子科学研究領域 電子構造研究部門 助教
平成21年4月~平成25年3月
総合研究大学院大学物理科学研究科構造分子科学専攻 助教(併任)
平成25年4月~平成30年9月
名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻(化学系) 助教
平成30年10月~
            
名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻(化学系) 講師
平成27年12月~
JSTさきがけ「革新的触媒の科学と創製」研究員 (兼任)

受賞等

平成21年11月
RSC Dalton Transactions Poster Prize
(2nd Asian Conference on Coordination Chemistry)
平成22年2月
第26回井上研究奨励賞
平成22年4月
第90回日本化学会春季年会優秀講演賞(学術)
平成22年7月
The Royal Society of Chemistry Poster Prize
(Japan-UK Symposium: Catalysis for a Sustainable World, London, UK)
平成28年3月
第10回PCCP Prize

招待講演等(代表的なもの)

平成19年(2007年)度

1) Satoshi Muratsugu,“Reversible Photoswitching of Electronic Communication between Ferrocene Moieties in Bis(ferrocenyl)dimethyldihydropyrene” Minisymposium on New Molecular Materials, Systems, and Functions, December 14, 2007, The University of Tokyo, Tokyo, JAPAN

平成20年(2008年)度

2) ○邨次 智,「新規多核遷移金属錯体のマルチレドックス反応と誘起構造変化」 錯体化学若手の会関東支部勉強会、2008年6月28日、東京大学、東京

平成22年(2010年)度

3) ○邨次 智,「リモネン末端二重結合の分子内位置選択的エポキシ化を目指した表面モレキュラーインプリンティングRu錯体触媒の設計」 分子研研究会、「分子集合系におけるポテンシャル空間の制御-その錯体化学的アプローチ-」、2010年2月20日、(期間:2010年2月19日-20日)、岡崎

4) Satoshi Muratsugu, Yong Yang, Mutsuo Kinoshita, Mizuki Tada “Surface Design of a Molecularly-Imprinted Ru complex for Catalytic Regioselective Epoxidation of Limonene using O2” 60th Anniversary Conference on Coordination Chemistry in OSAKA Japan, ChemComm. Symposium, 3CS-08, September 29, 2010, (Date: Sep. 27-30, 2010), International House Osaka, Osaka, JAPAN>

5) Satoshi Muratsugu, “Design of Surface Molecularly Imprinted Ru Catalysts for Regioselective Epoxidation of Limonene” JSPS-DST Asian Academic Seminar 2010, November 29, 2010, (Date: Nov. 29-Dec. 4, 2010), Saha Institute of Nuclear Physics, Kolkata, INDIA

平成24年(2012年)度

6) Satoshi Muratsugu, “Design and Functionalization of Oxide Supported Transition Metal Complex Catalysts for Heterogeneous Catalysis” Lecture at CAT Catalytic Center, RWTH Aachen University, July 9, 2012, GERMANY

7) Satoshi Muratsugu, “Design and Functionalization of Oxide-supported Transition Metal Complex Catalysts for Heterogeneous Catalysis” 2nd International Conference on Molecular and Functional Catalysis (ICMFC-2), July 31, 2012, (Date: Jul. 30-31), Biopolis, SINGAPORE

8) Satoshi Muratsugu, “Design and Functionalization of Oxide-supported Transition Metal Complex Catalysts for Heterogeneous Catalysis” Lecture at National University of Singapore, August 1, 2012, SINGAPORE

9) ○邨次 智, 「酸化物表面を媒体とした固定化金属錯体触媒の創製」 第43回中部化学関係学協会支部連合秋季大会、1B14、2012年11月10日、(期間:2012年11月10日-11日)、名古屋工業大学、名古屋

10) ○邨次 智, 「金属錯体と酸化物表面を駆使した不均一系触媒の創製」 錯体化学若手の会中部支部勉強会、2012年12月1日、名古屋大学、名古屋

11) ○邨次 智, 「金属錯体の酸化物表面プログラミングによる触媒機能創出」 新学術領域研究 若手合同シンポジウム 「配位プログラム」×「融合マテリアル」2012年12月21日、(期間:2012年12月20日-21日)、東京大学、東京

平成25年(2013年)度

12) Satoshi Muratsugu, Yong Yang, Mutsuo Kinoshita, Mizuki Tada “Catalyst Surface Design by Molecular Imprinting of Oxide-supported Ru Complex Catalyst for Regioselective Epoxidation” 2nd International Conference and Exhibition on Materials Science & Engineering (Materials Science-2013), October 7, 2013, (Date: Oct. 7-9, 2013), Hampton Inn Tropicana, Las Vegas, USA.

13) Satoshi Muratsugu, “Surface Design of Oxide-supported Metal Complexes and Clusters toward Heterogeneous Catalysis” 16th IRTG Joint Symposium: University of Munster and Nagoya University, November 11, 2013 (Date: Nov. 11-12, 2013), Westfalische Wilhelms-Universitat Munster Organische/Anorganische Chemie, Munster, GERMANY.

14) Satoshi Muratsugu “Surface Functionalization of Oxide-Supported Cluster toward Heterogeneous Catalysts for Selective Epoxidation” The 3rd International Conference on the MEXT Project of Integrated Research on Chemical Synthesis ”Synergy of Theory and Molecular Transformation”, January 11, 2014, (Date: Jan. 10-11, 2014), Nishijin Plaza, Kyusyu University, Fukuoka, JAPAN.

平成26年(2014年)度

15) ○邨次 智, 「金属錯体と酸化物表面を駆使した固体触媒構造・機能の創出」 有機合成化学協会関西支部 セミナー“化学千一夜”「あすの化学の夢を語ろう」2014年6月14日、(期間:2014年6月13日-14日)、河内ワイン、I&I LAND、四条畷、大阪

平成27年(2015年)度

16) ○邨次 智, 「酸化物表面と金属錯体を駆使した触媒創出:構造と機能」 分子研研究会「触媒の分子科学:理論と実験のインタープレイ最前線」2016年3月9日、(期間:2016年3月9日-10日)、岡崎

平成28年(2016年)度

17) Satoshi Muratsugu “Preparation, Characterization, and Functionalization of Supported Metal Complexes and Nanocluster Catalysts” Symposium at the University of Munster, January 17, 2017, Westfalische Wilhelms-Universitat Munster Organische/Anorganische Chemie, Munster, GERMANY.

平成29年(2017年)度

18) Satoshi Muratsugu “Surface Functionalization with Metal Complexes and Clusters for Heterogeneous Catalysis” IMS Symposium “Japan-China Joint Interdisciplinary Symposium on Coordination-based Hybrid Materials”, June 25, 2017 (Date: Jun. 23-25, 2017), Okazaki Conference Center, JAPAN.

19) Satoshi Muratsugu “Regulated Metal Coordination Structures on Surface for Selective Catalysis” IMS Symposium “Cutting-edge Researches in Coordination Chemistry and Photochemistry”, November 4, 2017, Okazaki Conference Center, JAPAN.

20) Satoshi Muratsugu “Controlling Selective Hydrogenation Performances on Ru Nanocluseter/K-Al2O3 Catalyst” International Congress on Pure & Applied Chemistry (ICPAC) 2018 “Chemistry for Sustainable Development Goals 2030”, March 10, 2018 (Date: Mar 7-10, 2018), Sakhalay Angkor Resort & Spa, Siem Reap, CAMBODIA.