名古屋大学 大学院理学研究科 物質理学専攻(化学系) 無機化学研究室

学会発表等

口頭発表

2019

2018

17) “Operando Observation of Reaction Distribution in a Composite Positive Electrode for Bulk-type All-Solid-State Lithium-Ion Batteries by Using CT-XAFS”
Y. Kimura, M. Fakkao, T. Nakamura, O. Sekizawa, K. Nitta, N. Ishiguro, T. Uruga, T. Okumura, M. Tada, Y. Uchimoto, and K. Amezawa,
IMLB 2018, Kyoto, June 17-22, 2018.

16) “錯体-ピロールモノマー共重合法によるPt系ナノクラスター-ポリピロール-カーボンナノチューブ複合型触媒の調製と酸化還元特性評価”
市橋健太郎, 宮本翔太, 邨次智, 唯美津木,
第98回日本化学会春季年会, 船橋, 2018年3月20-23日.

15) “Preparation, Redox Performances, and Catalytic Oxidation Performances of Ceria-based Mixed Oxides Co-doped with the First and Second Series Transition Metals”
S. Muratsugu, X. Huang, S. Nagase, G. Yokota, S. Ikemoto, H. Matsui, and M. Tada,
第98回日本化学会春季年会, 船橋, 2018年3月20-23日.

14) “3D-Visualization of Distribution and Redox Property of a PEFC Pt/C Cathode Catalyst during Degradation Process by Imaging XAFS”
N. Maejima, H. Matsui, N. Ishiguro, Y. Tan, T. Uruga, T. Sakata, K. Higashi, O. Sekizawa, and M. Tada,
第98回日本化学会春季年会, 船橋, 2018年3月20-23日.

13) “Visualization of Anisotropic Crystalline Phase Variations inside Cr-supported FeOx Dendrite Crystals for Oxygen Storage Process”
H. Matsui, Y. Suzuki, N. Ishiguro, and M. Tada,
第98回日本化学会春季年会, 船橋, 2018年3月20-23日.

12) “Viaulization of Oxygen Diffusion in Ce2Zr2Ox Particles by Ptychographic-XAFS”
N. Ishiguro, M. Hirose, K. Shimomura, N. Burdet, H. Matsui, M. Tada, and Y. Takahashi,
第98回日本化学会春季年会, 船橋, 2018年3月20-23日.

11) “Operando 3D XAFS Imaging of Local Chemical Composition and Valence in PEFC Membrane Electrode Assembly with Pt3Co/C Cathode Catalyst”
Y. Tan, H. Matsui, N. Ishiguro, N. Maejima, T. Uruga, O. Sekizawa, T. Sakata, and M. Tada,
第98回日本化学会春季年会, 船橋, 2018年3月20-23日.

10) “コバルト三核メタロホスト錯体のシリカ表面固定化とヘリシティー制御”
澤口加奈, 知場舜介, 白男川貴史, 酒田陽子, 馬場寛, 邨次智, 江原正博, 秋根茂久, 唯美津木,
第98回日本化学会春季年会, 船橋, 2018年3月20-23日.

9) “Rh, Crを担持したミクロンサイズのセリア結晶粒子の合成とレドックス特性”
若松昂平, 松井公佑, 石黒志, 邨次智, 唯美津木,
第98回日本化学会春季年会, 船橋, 2018年3月20-23日.

8) “カソードガス交換と電位操作によるPEFC Pt/C, Pt3Co/Cカソード触媒の酸化過程の構造速度論解析”
小澤沙記, 松井公佑, 田口将寛, 石黒志, 宇留賀朋哉, 関澤央輝, 坂田智裕, 東晃太朗, 唯美津木,
第98回日本化学会春季年会, 船橋, 2018年3月20-23日.

7) “Synthesis and Characterization of Bio-Inspired [Mo2Fe2] Hydride Clusters and Their Application to the Catalytic Silylation of N2”
Y. Ohki, Y. Araki, M. Tada, and Y. Sakai,
メスバウアー分光研究会, 東京, 2018年3月19日.

6)“CT-XAFS法を用いたバルク型全固体リチウムイオン電池用合剤電極内の反応分布のオペランド評価”
木村勇太, M. Fakkao, 中村崇司, 石黒志, 関澤央輝, 新田清文, 宇留賀朋哉, 奥村豊旗, 唯美津木, 内本喜晴, 雨澤浩史,
電気化学会第85回大会, 東京, 2018年3月9-11日.

5)“硬X線スぺクトロタイコグラフィによる酸素吸蔵・放出材料の三次元価数識別イメージング”
広瀬真, 石黒志, 下村啓, 松井公佑, 唯美津木, 高橋幸生,
第31回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム(JSR2018), つくば, 2018年1月8-10日.

4)“オペランド時間分解XAFS法によるPEFC発電下におけるPtカソード触媒酸化反応の速度論解析”
小澤沙記, 松井公佑, 石黒志, 宇留賀朋哉, 関澤央輝, 唯美津木,
第31回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム(JSR2018), つくば, 2018年1月8-10日.

3) “オペランドCT-XAFS法による固体高分子形燃料電池の触媒劣化・溶出様式の3次元可視化”
松井公佑, 石黒志, 宇留賀朋哉, 関澤央輝, 唯美津木,
第31回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム(JSR2018), つくば, 2018年1月8-10日.

2) “EXAFS-CTによる燃料電池触媒の局所構造イメージング”
前島尚行, 松井公佑, 石黒志, Yuanyuan TAN, 宇留賀朋哉, 坂田智裕, 関澤央輝, 唯美津木,
第31回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム(JSR2018), つくば, 2018年1月8-10日.

1) “結像型顕微XAFSによる樹状型FeOx粒子の酸化還元サイクルにおける酸化鉄相分布の可視化”
石黒志, 松井公佑, 鈴木陽也, 関澤央輝, 新田清文, 寺田靖子, 宇留賀朋哉, 唯美津木,
第31回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム(JSR2018), つくば, 2018年1月8-10日.

2017

26) “オペランド3次元イメージングXAFSを用いたバルク型全固体リチウムイオン電池用合材電極内の反応分布評価”
木村勇太, M. Fakkao, 大崎静夏, 高野彬, 中村崇司, 伊奈稔哲, 石黒志, 関澤央輝, 宇留賀朋哉, 奥村豊旗, 唯美津木, 内本喜晴, 雨澤浩史,
第43回固体イオニクス討論会, 山形, 2017年12月5-7日.

25) “Operando 3-Dimensional Imaging XAFS of Composite Electrode for All-solid-state Lithium-ion Batteries”
M. Fakkao, A. Takanol, Y. Kimura, T. Nakamura, T. Okumura, T. Ina, N. Ishiguro, T. Uruga, M. Tada, Y. Uchimoto, and K. Amezawa,
第58回電池討論会, 福岡, 2017年11月14-16日.

24) “3D XAFS Imaging Measurement System for Polymer Electrolyte Fuel Cells under Operating Conditions”
O. Sekizawa, T. Uruga, T. Sakata, N. Ishiguro, H. Matsui, K. Higashi, Y. Iwasawa and M. Tada,
The International Symposium on Novel Energy Nanomaterials, Catalysts, and Surfaces for Future Earth : Materials Research, Characterization and Imaging by In situ/Operando XAFS and X-ray Techniques (NENCS), Tokyo, 28-30 Oct. 2017.

23) “3D-Visualization of PEFC Pt Cathode Catalyst in MEA during ADT Cycles by Operando CT-XANES Technique”
H. Matsui, N. Ishiguro, T. Uruga, O. Sekizawa, and M. Tada,
The International Symposium on Novel Energy Nanomaterials, Catalysts, and Surfaces for Future Earth : Materials Research, Characterization and Imaging by In situ/Operando XAFS and X-ray Techniques (NENCS), Tokyo, 28-30 Oct. 2017.

22) “ADT Processes of Pt/C and Pt3Co/C PEFC Cathode Electrocatalysts Studied by Operando Time-resolved Quick-XAFS”
N. Ishiguro, S. Kityakarn, O. Sekizawa, T. Uruga, H. Matsui, K. Nagasawa, and M. Tada,
The International Symposium on Novel Energy Nanomaterials, Catalysts, and Surfaces for Future Earth : Materials Research, Characterization and Imaging by In situ/Operando XAFS and X-ray Techniques (NENCS), Tokyo, 28-30 Oct. 2017.

21) “Oxidaiton of Pt and Pt3Co Electrocatalysts at PEFC Cathode Studied by Operando Tim-resolved QXAFS”
H. Matsui, S. Ozawa, N. Ishiguro, O. Sekizawa, T. Uruga, and M. Tada,
The 8th International Symposium on Surface Science - Toward Clean & Green Innovation Driven by Surface Science -, Tsukuba, Oct. 22-26, 2017.

20) “Bio-inspired [Mo2Fe2] Hydride Clusters: Synthesis, Characterization, and Application in the Catalytic Silylation of N2”
Y. Ohki, Y. Araki, M. Tada, Y. Sakai,
錯体化学会第67回討論会, 札幌, 2017年9月16-18日.

19) “Potential Distribution in Operating Polymer Electrolyte Fuel Cell by In situ Ambient Pressure Hard X-ray Photoelectron Spectroscopy”
L. Yu, Y. Takagi, T. Nakamura, O. Sekizawa, T. Sakata, T. Uruga, M. Tada, Y. Iwasawa, and T. Yokoyama,
7th International conference on Hard X-ray Photoelectron Spectroscopy, Berlekey, USA, Sep. 11-15, 2017.

18) “X-ray Photoelectron Spectroscopy under Real Ambient Pressure Conditions”
Y. Takagi, T. Nakamura, L. Yu, S. Chaveanghong, O. Sekizawa, T. Sakata, T. Uruga, M. Tada, Y. Iwasawa, and T. Yokoyama,
7th International conference on Hard X-ray Photoelectron Spectroscopy, Berlekey, USA, Sep. 11-15, 2017.

17) “[Fe4] and [Fe6] Hydride Clusters: Syntehsis and Application in the Catalytic Silylation of N2”
Y. Ohki, R. Araake, M. Tada, Y. Sakai,
第64回有機金属化学討論会, 仙台, 2017年9月7-9日.

16)“Structural Kinetics Study of Redox Processes of Pt/C and Pt3Co/C Cathode Catalysts in a Polymer Electrolyte Fuel Cell during an Accelerated Durability Test by In situ Time-resolved XAFS”
N. Ishiguro, S. Kityakarn, O. Sekizawa, T. Uruga, H. Matsui, K. Nagasawa, T. Yokoyama, and M. Tada,
253rd ACS National Meeting, San Francisco, USA, April 2-6, 2017.

15) “Nano-XAFS Imaging of Oxygen Diffusion in Pt-Ce2Zr2Ox Particles during Oxygen Storage/Release”
H. Matsui, N. Ishiguro, K. Enomoto, T. Uruga, O. Sekizawa, and M. Tada,
253rd ACS National Meeting, San Francisco, USA, April 2-6, 2017.

14) “走査型顕微XAFS法によるCe2Zr2Ox触媒粒子内の酸素拡散様式イメージング”
松井公佑, 石黒志, 関澤央輝, 宇留賀朋哉, 唯美津木,
第97回日本化学会春季年会, 日吉, 2017年3月16-19日.

13) “カソードガス交換・セル電圧の同期変化による固体高分子形燃料電池Pt/Cカソード電極触媒の構造速度論解明”
田口将寛, 松井公佑, 石黒志, 関澤央輝, 坂田智裕, 宇留賀朋哉, 唯美津木,
第97回日本化学会春季年会, 日吉, 2017年3月16-19日.

12) “結像顕微XAFS法による樹状型FeOx結晶粒子の化学状態イメージング”
石黒志, 松井公佑, 鈴木陽也, 関澤央輝, 新田清文, 関澤央輝, 寺田靖子, 宇留賀朋哉, 唯美津木,
第97回日本化学会春季年会, 日吉, 2017年3月16-19日.

11) “走査型顕微XAFS分光法による酸化鉄結晶内酸素吸蔵・放出に伴う結晶相分布変化の可視化”
鈴木陽也, 松井公佑, 石黒志, 新田清文, 関澤央輝, 宇留賀朋哉, 寺田靖子, 唯美津木,
第97回日本化学会春季年会, 日吉, 2017年3月16-19日.

10) “モレキュラーインプリンティングRu Porphyrin触媒を用いたステロイド類選択酸化”
馬場寛, 谷本達也, 寺尾陽介, 邨次智, 唯美津木,
第97回日本化学会春季年会, 日吉, 2017年3月16-19日.

9)“Preparation and Electrocatalytic Performance of Pt Nanocluster ? Polymer ? Carbon Nanotube Composite Catalysts”
S. Muratsugu, K. Ichihashi, S. Miyamoto, K. Sakamoto, M. Tada,
第97回日本化学会春季年会, 日吉, 2017年3月16-19日.

8) “高い酸化還元能を有する新規Ce-Cr-Rh系複合酸化物の調製とアルコール選択酸化”
永瀬晶子, 黄秀兵, 横田元一, 邨次智, 唯美津木,
第97回日本化学会春季年会, 日吉, 2017年3月16-19日.

7) “第一・第二周期遷移金属を共ドープしたセリア系複合酸化物の調製とレドックス応答能評価”
横田元一, 黄秀兵, 永瀬晶子, 邨次智, 唯美津木,
第97回日本化学会春季年会, 日吉, 2017年3月16-19日.

6) “酸化物表面場を用いた金属ポルフィリン-Ru12核錯体からの微小金属ナノクラスターの創製とその触媒作用”
邨次智, 山口敦己, 横田元一, 前野智亮, 唯美津木,
第97回日本化学会春季年会, 日吉, 2017年3月16-19日.

5) “結像顕微XAFS法による樹状型FeOx粒子の化学状態イメージング”
石黒志, 松井公佑, 鈴木陽也, 関澤央輝, 新田清文, 寺田靖子, 宇留賀朋哉, 唯美津木,
第30回放射光学会年会・合同シンポ, 神戸, 2017年1月7-9日.

4) “固体高分子形燃料電池の3次元イメージング用in-situ走査型CT計測法の開発”
関澤央輝, 宇留賀朋哉, 東晃太郎, 石黒志, 松井公佑, 岩澤康裕, 唯美津木,
第30回放射光学会年会・合同シンポ, 神戸, 2017年1月7-9日.

3) “大気圧下での光電子分光測定に向けた装置開発”
高木康多, 中村高大, Y. Liwei, 関澤央輝, 坂田智裕, 宇留賀朋哉, 唯美津木, 岩澤康裕, 横山利彦,
第30回放射光学会年会・合同シンポ, 神戸, 2017年1月7-9日.

2) “走査型顕微XAFS法によるCe2Zr2Ox粒子内の酸素拡散様式の可視化”
松井公佑, 石黒志, 関澤央輝, 宇留賀朋哉, 唯美津木,
第30回放射光学会年会・合同シンポ, 神戸, 2017年1月7-9日.

1) “硬X線タイコグラフィによる価数識別イメージング”
広瀬真, 下村啓, N. Burdet, 松井公佑, 唯美津木, 高橋幸生,
第30回放射光学会年会・合同シンポ, 神戸, 2017年1月7-9日.

2016

19) “Potential Variation of the Electrode Constituents in Operating Polymer Electrolyte Fuel Cell by In Situ Ambient Pressure Hard X-ray Photoelectron Spectroscopy”
L. Yu, Y. Takagi, T. Nakamura, O. Sekizawa, T. Sakata, T. Uruga, M. Tada, Y. Iwasawa, and T. Yokoyama,
APXPS2016 : 3rd Annual Workshop on Ambient Pressure X-ray Photoelectron Spectroscopy, Oxford, UK, Dec. 12-14, 2016.

18) “Iron-Hydride Clusters Supported by Phosphines: Synthesis, Characterization, and Application in N2 Reduction”
R. Araake, K. Sakadani, Y. Sakai, M. Tada, and Y. Ohki,
錯体化学会第66回討論会, 福岡, 2016年9-10-12日.

17) “Preparatio and Oxygen Reduction Catalysis of Pt Nanocluster-Polymer-Carbon Nanotube Composites from Pt Tetranuclear Complexes”
S. Muratsugu, S. Miyamoto, and M. Tada,
錯体化学会第66回討論会, 福岡, 2016年9-10-12日.

16) “Pt/Ce2Zr2Ox触媒粒子の酸素吸蔵・放出サイクルにおける酸素拡散様式のイメージング解析”
松井公佑, 石黒志, 榎本香里, 関澤央輝, 宇留賀朋哉, 唯美津木,
第19回XAFS討論会, 名古屋, 2016年9月3-5日.

15) “固体高分子形燃料電池のin-situ走査型CT計測法の開発”
関澤央輝, 宇留賀朋哉, 東晃太郎, 石黒志, 松井公佑, 唯美津木, 岩澤康裕,
第19回XAFS討論会, 名古屋, 2016年9月3-5日.

14) “固体高分子形燃料電池に対するin-situ 3次元イメージング計測法の開発”
関澤央輝, 宇留賀朋哉, 東晃太郎, 石黒志, 松井公佑, 岩澤康裕, 唯美津木,
電気化学会第83回大会, 吹田, 2016年3月29-31日.

13) “固体高分子形燃料電池計測のためのin situ高分解能3次元イメージング手法の開発”
関澤央輝, 宇留賀朋哉, 石黒志, 東晃太郎, 松井公佑, 岩澤康裕, 唯美津木,
第96回日本化学会春季年会, 京田辺, 2016年3月24-27日.

12) “In situ時間分解XAFS法を用いた固体高分子形燃料電池Pt/C及びPt3Co/Cカソード電極触媒の劣化過程における構造速度論変化の検討”
石黒志, S. Kityakarn, 関澤央輝, 宇留賀朋哉, 長澤兼作, 横山利彦, 唯美津木,
第96回日本化学会春季年会, 京田辺, 2016年3月24-27日.

11) “テトラメチルシクロペンタジエニル基を補助配位子とする不完全キュバン型Mo3S4クラスターの合成と性質 ”
原亮太, 内田圭亮, 唯美津木, 大木靖弘,
第96回日本化学会春季年会, 京田辺, 2016年3月24-27日.

10) “固定化Cuポルフィリン-Ru12核錯体からの組成制御バイメタリックナノクラスター触媒の創製 ”
山口敦己, 前野智亮, 邨次智, 唯美津木,
第96回日本化学会春季年会, 京田辺, 2016年3月24-27日.

9) “ステロイド類の位置選択的酸化反応を志向した表面モレキュラーインプリンティングRu Porphyrin触媒の調製 ”
馬場寛, 谷本達哉, 寺尾陽介, 邨次智, 唯美津木,
第96回日本化学会春季年会, 京田辺, 2016年3月24-27日.

8) “雰囲気制御型硬X線光電子分光による燃料電池電極触媒の酸化状態の電圧依存性測定”
高木康多, 上村洋平, 中村高広, Y. Liwei, 関澤央輝, 宇留賀朋哉, 唯美津木, 岩澤康裕, 横山利彦,
  第96回日本化学会春季年会, 京田辺, 2016年3月24-27日.

7) “走査型顕微XAFS法によるPt接触Ce2Zr2Ox触媒の酸化還元反応下の粒子内Ce酸化状態分布イメージング”
松井公佑, 石黒志, 榎本香里, 関澤央輝, 宇留賀朋哉, 唯美津木,
第96回日本化学会春季年会, 京田辺, 2016年3月24-27日.

6) “In situ CT-XAFSによる固体高分子形燃料電池の駆動下におけるPt触媒局所構造の3次元イメージング”
松井公佑, 石黒志, 関澤央輝, 宇留賀朋哉, 唯美津木,
第96回日本化学会春季年会, 京田辺, 2016年3月24-27日.

5) “Pt錯体-ポリピロール-カーボンナノチューブ複合体を基盤としたカーボンナノチューブ固定化Ptナノクラスターの調製と触媒機能”
邨次智, 宮本翔太, 唯美津木,
第96回日本化学会春季年会, 京田辺, 2016年3月24-27日.

4) “In situ時間分解XAFSを用いた燃料電池Pt/C及びPt3Co/C触媒の加速劣化試験に伴う構造速度論変化の検討”
石黒志, S. Kityakarn, 長澤兼作, 関澤央輝, 宇留賀朋哉, 横山利彦, 唯美津木,
第29回日本放射光学会年会放射光科学合同シンポジウム, 柏, 2016年1月9-11日.

3) “雰囲気制御型硬X線光電子分光による燃料電池電極触媒の電圧依存性測定”
高木康多, 中村高大, 兪麗?, 上村洋平, 関澤央輝, 宇留賀朋哉, 唯美津木, 岩澤康裕, 横山利彦,
第29回日本放射光学会年会放射光科学合同シンポジウム, 柏, 2016年1月9-11日.

2) “固体高分子形燃料電池の3次元イメージング用in-situ結像型CT計測法の開発”
関澤央輝, 宇留賀朋哉, 東晃太朗, 石黒志, 松井公佑, 唯美津木, 岩澤康裕,
第29回日本放射光学会年会放射光科学合同シンポジウム, 柏, 2016年1月9-11日.

1) “In situ CT-XAFSによるPEFC発電下におけるMEA内カソード電極触媒の3次元局所構造イメージング”
松井公佑, 石黒志, 関澤央輝, 宇留賀朋哉, 横山利彦, 唯美津木,
第29回日本放射光学会年会放射光科学合同シンポジウム, 柏, 2016年1月9-11日.

2015

32) “Understanding the Formation Process and Selective Nitrile Hydrogenation Performance of Ru Nanocatalysts on K-Al2O3 by in-situ Spectroscopy and Theoretical Calculation”
S. Muratsugu, S. Kityakarn, F. Wang, N. Ishiguro, O. Sekizawa, T. Uruga, T. Kamachi, K. Yoshizawa, M. Tada,
Pacifichem 2015, Hawaii, USA, Dec. 15-20, 2015.

31) “3D Imaging of the Distribution and Local Structure of Pt Electrocatalyst in PEFC MEA by In situ CT-XAFS”
H. Matsui, O. Sekizawa, N. Ishiguro, T. Uruga, T. Yokoyama, and M. Tada,
Pacifichem 2015, Hawaii, USA, Dec. 15-20, 2015.

30) “Mechanism of Redox Processes of Pt-M (M=Co, Ni) PEFC Cathode Electrocatalysts for Voltage Cycling Studied by In situ Time-resolved XAFS”
N. Ishiguro, S. Kityakarn, O. Sekizawa, T. Uruga, K. Nagasawa, T. Yokoyama, and M. Tada,
Pacifichem 2015, Hawaii, USA, Dec. 15-20, 2015.

29) “In situ Observation of Fuel Cell Electrodes by Near Ambient Pressure Hard X-ray Photoelectron Spectroscopy”
Y. Takagi, H. Wang, Y. Uemura, O. Sekizawa, T. Uruga, M. Tada, Y. Iwasawa, and T. Yokoyama,
2nd Annual APXPS Workshop @ Berkeley Lab, Berkeley, USA, Dec. 7-9, 2015.

28) “SPring-8における新しい顕微XAFS”
新田清文, 宇留賀朋哉, 関澤央輝, 鈴木基寛, 河村直巳, 水牧仁一朗, 石黒志, 唯美津木,
PF研究会「X線顕微分析の新展開:STXMから硬X線複合分析まで」, つくば, 2015年10月2日.

27) “固体高分子形燃料電池に対する2D/3D顕微XAFSイメージング計測”
関澤央輝, 宇留賀朋哉, 唯美津木, 岩澤康裕,
PF研究会「X線顕微分析の新展開:STXMから硬X線複合分析まで」, つくば, 2015年10月2日.

26) “Preparation and Property of New Pt Tetranuclear Complex ? Polymer ? Carbon Support Composites toward the Formation of New Pt Catalysts”
S. Muratsugu, S. Miyamoto, C. K. Kim, and M. Tada,
錯体化学会第65回討論会, 奈良, 2015年9月21-23日.

25) “雰囲気制御型硬X線光電子分光装置による燃料電池電極触媒のin-situ測定”
高木康多, 上村洋平, 関澤央輝, 宇留賀朋哉, 唯美津木, 岩澤康裕, 横山利彦,
日本物理学会2015年秋季大会, 大阪, 2015年9月16-19日.

24) “サブ10nm顕微イメージングXAFS法の開発”
新田清文, 宇留賀朋哉, 鈴木基寛, 河村直巳, 水牧仁一郎, 関澤央輝, 石黒志, 唯美津木,
第18回XAFS討論会, つくば, 2015年7月29-31日.

23) “In situ Time-resolved XAFS Study for Rate Enhancements in PEFC Cathode Reactions on Pt3M (Pt=Co, Ni) Cathode Electrocatalysts”
N. Ishiguro, S. Kityakarn, O. Sekizawa, T. Uruga, K. Nagasawa, T. Yokoyama, and M. Tada,
17th International Symposium on Relations between Homogeneous and Heterogeneous Catalysis, Utrecht, Netherland, July 12-15, 2015.

22) “Formation Mechanism of Ru Nanocatalysts for Selective Primary Amine Synthesis Studied by in-situ FT-IR and XAFS”
S. Muratsugu, S. Kityakarn, F. Wang, N. Ishiguro, O. Sekizawa, T. Uruga, T. Kamachi, K. Yoshizawa, and M. Tada,
17th International Symposium on Relations between Homogeneous and Heterogeneous Catalysis, Utrecht, Netherland, July 12-15, 2015.

21) “In Situ Observation of Fuel Cell Electrodes by Near Ambient Pressure Hard X-ray photoelectron Spectroscopy”
Y. Takagi, H. Wang, Y. Uemura, O. Sekizawa, T. Uruga, M. Tada, Y. Iwasawa, T. Yokoyama,
Synchrotron Radiation Instrumentation (SRI 2015), USA, July 6- 10, 2015.

20) “In situ Observation of Fuel Cell Electodes by Near Ambient Pressure HAXPES”
Y. Takagi, H. Wang, Y. Uemura, O. Sekizawa, T. Uruga, M. Tada, Y. Iwasawa, and T. Yokoyama,
The 6th International Conference on Hard X-ray Photoelectron Spectroscopy, Taiwan, March 30-April 3, 2015.

19) “In situ時間分解XAFSによる固体高分子形燃料電池Pt3M/C (M=Co, Ni)カソード電極触媒の構造速度論解析と合金化による影響”
石黒志, Kityakarn Sutasinee, 宇留賀朋哉, 関澤央輝, 長澤兼作, 横山利彦, 唯美津木,
第95回日本化学会春季年会, 船橋, 2015年3月26-29日.

18) “組成制御バイメタリックナノクラスター合成のための金属ポルフィリン-Ru12核錯体の合成、酸化物表面固定化とその構造解析”
山口敦己, 前野智亮, 邨次智, 唯美津木,
第95回日本化学会春季年会, 船橋, 2015年3月26-29日.

17) “ホスフィン配位子を持つ四核および六核鉄ヒドリドクラスターの合成と同定”
荒明遼一, 坂谷和紀, 大木靖弘, 唯美津木,
第95回日本化学会春季年会, 船橋, 2015年3月26-29日.

16) “Pt4核錯体-ポリピロール-カーボンナノチューブ複合系を経由したカーボンナノチューブ固定化Ptナノクラスターの調製と物性”
宮本翔太, Kim Chang Kyu, 邨次智, 唯美津木,
第95回日本化学会春季年会, 船橋, 2015年3月26-29日.

15) “表面モレキュラーインプリンティング触媒を志向した新規シリカ固定化Ruポルフィリン錯体の調製及び構造解析”
谷本達哉, 寺尾陽介, 邨次智, 唯美津木,
第95回日本化学会春季年会, 船橋, 2015年3月26-29日.

14) “Co(II)アミド錯体とボランの反応による低原子価コバルトクラスターの合成”
清水裕貴, 唯美津木, 大木靖弘,
第95回日本化学会春季年会, 船橋, 2015年3月26-29日.

13) “In situ走査型顕微XAFS法によるPt担持Ce2Zr2Ox粒子触媒のCe酸化状態イメージング”
榎本香里, 石黒志, 松井公佑, Kityakarn Sutasinee, 関澤央輝, 宇留賀朋哉, 唯美津木,
第95回日本化学会春季年会, 船橋, 2015年3月26-29日.

12) “種々の酸化物表面へのPtSnバイメタル錯体の固定化とα, β不飽和アルデヒドのC=O選択水素化への応用”
岩瀬尚之, Wattanakit Chularat, 邨次智, 唯美津木,
第95回日本化学会春季年会, 船橋, 2015年3月26-29日.

11) “Rh2Mo異種金属錯体を用いた酸化物表面固定化RhMoバイメタリック触媒の創製、構造及び反応特性”
田島峻一, 邨次智, 唯美津木,
第95回日本化学会春季年会, 船橋, 2015年3月26-29日.

10) “Terphenyl基をリン上に導入したジホスフィン配位子を有するニッケル錯体”
鈴木宏徳, 唯美津木, 大木靖弘, 松本剛,
第95回日本化学会春季年会, 船橋, 2015年3月26-29日.

9) “ジアミドジチオラート配位ニッケル二核錯体の合成とアセチルCoA合成酵素のモデル反応”
大須理恵, 小澤由佳, 唯美津木, 大木靖弘, 巽和行, 松本剛,
第95回日本化学会春季年会, 船橋, 2015年3月26-29日.

8) “モリブデンと第一周期遷移金属を含む有機金属-硫黄クラスターの合成と窒素分子の活性化”
内田圭亮, 唯美津木, 大木靖弘,
第95回日本化学会春季年会, 船橋, 2015年3月26-29日.

7) “N-へテロ環カルベン配位子を持つモリブデン(0)窒素錯体の合成とプロトン化反応”
青柳圭哉, 清野秀岳, 唯美津木, 大木靖弘,
第95回日本化学会春季年会, 船橋, 2015年3月26-29日.

6) “In situ CT-XAFSによる固体高分子形燃料電池の駆動下におけるPt電極触媒局所構造の3次元イメージング”
松井公佑, 関澤央輝, 石黒志, 宇留賀朋哉, 横山利彦, 唯美津木,
第95回日本化学会春季年会, 船橋, 2015年3月26-29日.

5) “K-Al2O3表面固定化Ruナノ粒子形成過程とニトリル類の選択水素化反応特性の検討”
邨次智, Kityakarn Sutasinee, 王飛, 石黒志, 関澤央輝, 宇留賀朋哉, 蒲池高志, 吉澤一成, 唯美津木,
第95回日本化学会春季年会, 船橋, 2015年3月26-29日.

4) “角度制限CT法を用いた固体高分子形燃料電池に対するin-situ 3次元XAFSイメージング計測法の開発”
関澤央輝, 宇留賀朋哉, 松井公佑, 石黒志, Kityakarn Sutasinee, 岩澤康裕, 唯美津木,
第95回日本化学会春季年会, 船橋, 2015年3月26-29日.

3) “雰囲気制御型硬X線光電子分光装置による燃料電池カソード白金合金触媒のin-situ測定”
高木康多, 王恒, 上村洋平, 関澤央輝, 宇留賀朋哉, 唯美津木, 岩澤康裕, 横山利彦,
第95回日本化学会春季年会, 船橋, 2015年3月26-29日.

2) “In situ時間分解XAFSを用いた構造速度論解析によるPt3M/C (M=Co, Ni) カソード触媒の反応活性化要因の検討”
石黒志, S. Kityakarn, 関澤央輝, 宇留賀朋哉, 長澤兼作, 横山利彦, 唯美津木,
第28回日本放射光学会年会放射光科学合同シンポジウム, 草津, 2015年1月10-12日.

1) “雰囲気制御型硬X線光電子分光in-situ測定による燃料電池カソード電極触媒の電圧依存性測定”
高木康多, 王恒, 上村洋平, 横山利彦, 関澤央輝, 宇留賀朋哉, 唯美津木, 岩澤康裕,
第28回日本放射光学会年会放射光科学合同シンポジウム, 草津, 2015年1月10-12日.

2014

23) “アセチルCoA合成酵素の反応中間体モデルとなるジアミドジチオラート型mbea配位子をもつ二核ニッケル錯体の合成と反応”
大須理恵, 小澤由佳, 大木靖弘, 唯美津木, 巽和行, 松本剛,
錯体化学会第64回討論会, 東京, 2014年9月18-20日.

22) “Preparation of a Molecularly-Imprinted Pd Complex Catalyst for Suzuki Coupling Reaction(表面モレキュラーインプリンティングPd触媒の調製と鈴木カップリング反応への応用)”
S. Muratsugu, N. Maity, M. Tada(邨次智, Niladri Maity, 唯美津木),
錯体化学会第64回討論会, 東京, 2014年9月18-20日.

21) “雰囲気制御型硬X線光電子分光装置による燃料電池Pt/Cカソード触媒のin-situ測定”
高木康多, 王恒, 上村洋平, 関澤央輝, 宇留賀朋哉, 唯美津木, 岩澤康裕, 横山利彦,
第10回放射光表面科学研究部会・第13回顕微ナノ材料科学研究部会2014年度合同シンポジウム, 愛知, 2014年7月31日-8月1日.

20) “Dispersed Ru Nanoclusters Prepared from SiO2-attached Ru3 Complexes for Selective Alcohol Oxidation”
S. Muratsugu, M. H. Lim, T. Itoh, W. Thumrongpatanaraks, M. Kondo, S. Masaoka, T. S. Andy Hor, M. Tada,
TOCAT7 KYOTO2014, 京都, 2014年6月1-6日.

19) “雰囲気制御型硬X線光電子分光装置による燃料電池MEA内Pt/Cカソード触媒のin-situ測定”
高木康多, 王恒, 上村洋平, 横山利彦, 関澤央輝, 宇留賀朋哉, 唯美津木, 岩澤康裕,
第21回燃料電池シンポジウム, 船橋, 2014年5月29-30日.

18) “In-situ時間分解XAFS法を用いた低触媒担持量MEA中のPt/Cカソード触媒の電圧操作過程における速度論的構造解析の検討”
石黒志, 才田隆広, 宇留賀朋哉, 関澤央輝, 長澤兼作, 新田清文, 横山利彦, 唯美津木,
第21回燃料電池シンポジウム, 船橋, 2014年5月29-30日.

17) “雰囲気制御型硬X線光電子分光装置による燃料 電池MEA内Pt/Cカソード触媒のin-situ測定”
高木康多, 王恒, 上村洋平, 池永英司, 関澤央輝, 宇留賀朋哉, 唯美津木, 岩澤康裕, 横山利彦,
第94回日本化学会春季年会, 名古屋, 2014年3月27-30日.

16) “In Operando Ambient Pressure X-Ray Photoelectron Spectroscopy Studies of Oxidation Reaction on Pt Nanoparticles”
H. Wang, Y. Takagi, Y. Uemura, E. Ikenaga, O. Sekizawa, T. Uruga, M. Tada, Y. Iwasawa, T. Yokoyama,
第94回日本化学会春季年会, 名古屋, 2014年3月27-30日.

15) “X線ラミノグラフィーXAFS法を用いた固体高分子形燃料電池電極触媒層の3次元構造解析”
笹部崇, 関澤央輝, 宇留賀朋哉, 石黒志, 横山利彦, 唯美津木,
第94回日本化学会春季年会, 名古屋, 2014年3月27-30日.

14) “形状選択酸化反応を指向した新規Ruポルフィリン錯体の合成とシリカ表面固定化”
谷本達哉, 邨次智, 唯美津木,
第94回日本化学会春季年会, 名古屋, 2014年3月27-30日.

13) “カーボン表面孤立化Ptクラスター触媒の創製に向けた新規Pt4核錯体の合成とカーボンナノチューブへの固定化”
宮本翔太, 邨次智, 唯美津木,
第94回日本化学会春季年会, 名古屋, 2014年3月27-30日.

12) “バイメタリックナノクラスターの組成制御を指向した新規金属ポルフィリンRu12核錯体の合成と酸化物表面への固定化”
前野智亮, 邨次智, 唯美津木,
第94回日本化学会春季年会, 名古屋, 2014年3月27-30日.

11) “硬X線ナノ集光ビームを用いた走査型顕微XAFS法によるPt/Ce2Zr2Ox触媒粒子内のCe酸化状態イメージング”
石黒志,
第94回日本化学会春季年会, 名古屋, 2014年3月27-30日.

10) “K-Al2O3固定化Ruクラスター触媒を用いたアミン類からのニトリル合成”
王飛, 邨次智, 唯美津木,
第94回日本化学会春季年会, 名古屋, 2014年3月27-30日.

9) “シリカ固定化Ru3核クラスターからの高分散Ruナノクラスターへの構造変換と選択酸化触媒反応特性”
邨次智, L. M. Hwee, 伊東貴宏, W. Thumrongpatanarks, 近藤美欧, 正岡重行, T. S. A. Hor, 唯美津木,
第94回日本化学会春季年会, 名古屋, 2014年3月27-30日.

8) “アセチルCoA合成酵素の中間モデルとなるジアミドジチオラート型mbea配位子を持つ二核ニッケル錯体”
大須理恵, 小澤由佳, 唯美津木, 大木靖弘, 巽和行, 松本剛,
第94回日本化学会春季年会, 名古屋, 2014年3月27-30日.

7) “不完全キュバン型[Mo3S4]クラスターと遷移金属ハロゲン化物および還元剤の反応”
内田圭亮, 唯美津木, 大木靖弘,
第94回日本化学会春季年会, 名古屋, 2014年3月27-30日.

6) “N-ヘテロ環カルベン配位子を持つモリブデン(0)窒素錯体の合成と性質”
青柳圭哉, 清野秀岳, 唯美津木, 大木靖弘,
第94回日本化学会春季年会, 名古屋, 2014年3月27-30日.

5) “Electronic and Local Structures of Pt/C Cathode Electrocatalyst in MEA of PEFC during Transient Voltages Studied by Opernado Time-resolved XAFS”
S. Kityakarn, T. Saida, A. Sode, N. Ishiguro, O. Sekizawa, T. Uruga, K. Nagasawa, T. Yamamoto, T. Yokoyama, and M. Tada,
247th ACS National Meeting, Dallas, TX, USA, March 16-20, 2014.

4) “Differences in Structural Kinetics of Pt3Co/C and Pt/C Cathode Electrocatalysts under PEFC Operating Conditions by Opernado Time-resolved XAFS”
N. Ishiguro, T. Saida, T. Uruga, O. Sekizawa, S. Kityakarn, K. Nagasawa, T. Yamamoto, T. Yokoyama, and M. Tada,
247th ACS National Meeting, Dallas, TX, USA, March 16-20, 2014.

3)“雰囲気制御型硬X線光電子分光装置によるPt/C触媒電極のin-situ測定”
高木康多, 王恒, 池永英司, 関澤央輝, 宇留賀朋哉, 湯本博勝, 仙波泰徳, 大橋治彦, 山崎裕史, 後藤俊治, 唯美津木, 岩澤康裕, 横山利彦,
第27回日本放射光学会年会・放射 光科学合同シンポジウム, 広島, 2014年1月11-13日.

2) “X線ナノビームを用いた顕微XAFS法によるPt/Ce2Zr2Ox触媒粒子内のCe酸化状態のイメージング”
石黒志, 宇留賀朋哉, 関澤央輝, 辻卓也, 鈴木基寛, 河村直己, 水牧仁一朗, 横山利彦, 唯美津木,
第27回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム, 広島, 2014年1月11-13日.

1) “In Situ Time-resolved XAFS of Pt/C Cathode Electrocatalyst during PEFC Loading with Transient Voltages”
S. Kityakarn, T. Saida, A. Sode, N. Ishiguro, O. Sekizwa, T. Uruga, K. Nagasawa, T. Yamamoto, T. Yokoyama, and M. Tada,
第27回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム, 広島, 2014年1月11-13日.

2013

7) “固定化Ru3核オキソクラスターの表面構造変換による高分散Ruナノクラスターの創出と選択酸化触媒特性”
邨次智, L. M. Hwee, 伊東貴宏, W. Thumrongpatanaraks, 近藤美欧, 正岡重行, T. S. A. Hor, 唯美津木,
第63回錯体化学討論会, 沖縄, 2013年11月2-4日.

6) “Catalyst Surface Design by Molecular Imprinting of Oxide-Supported Ru Complex Catalyst for Regioselective Epoxidation”
S. Muratsugu, Y. Yang, M. Kinoshita, and M. Tada
2nd International Conference and Exhibition on Materials Science & Engineering (Materials Science-2013), Las Vegas, USA, 7-9 October, 2013.

5) “密度汎関数法によるPtクラスター上のアンモニア存在下でのベンゼン-酸素からのフェノール生成に関する研究”
佐々木岳彦, 唯美津木, 岩澤康裕,
シンポジウム「化学反応経路探索のニューフロンティア2013」, 京都, 2013年9月27-28日.

4) “先端触媒構造反応リアルタイム計測XAFS新ビームラインBL36XUの現状”
関澤央輝, 宇留賀朋哉, 唯美津木, 横山利彦, 新田清文, 加藤和男, 谷田肇, 竹下邦和, 高橋直, 佐野睦, 青柳秀樹, 渡部貴宏, 成山展照, 大橋治彦, 湯本博勝, 小山貴久, 仙波泰徳, 竹内智之, 古川行人, 大端通, 松下智裕, 石澤康秀, 工藤統吾, 木村洋昭, 山崎裕史, 田中隆次, 備前輝彦, 清家隆光, 後藤俊治, 大野英雄, 高田昌樹, 北村英男, 石川哲也, 岩澤康裕,
第16回XAFS討論会, 東京, 2013年9月5-7日.

3) “燃料電池計測用時空間分解XAFS新ビームライン建設とXAFSを用いたPEFCカソード触媒in situ測定”
岩澤康裕, 宇留賀朋哉, 関澤央輝, 唯美津木,
第20回燃料電池シンポジウム 燃料電池開発情報センター (FCDIC), 船橋, 2013年5月28-29日 (招待講演).

2) “Selective Catalysis and Active Structures for Direct Phenol Synthesis and CH4 Reforming”
M. Tada, L. Wang, S. Nagamatsu, S. Zhang, N. Ishiguro, S. Yamamoto, and Y. Iwasawa,
245th ACS National Meeting, New Orleans, USA, 7-11 April, 2013 (Invited).

1) “In-situ XAFS Characterization of Polymer Electrolyte Fuel Cells under Operating Conditions”
S. Nagamatsu, S. Takao, K. Nagasawa, G. Samjeske, T. Arai, M. Yamamoto, H. Oyanagi, O. Sekizawa, T. Uruga, M. Tada, and Y. Iwasawa,
245th ACS National Meeting, New Orleans, USA, 7-11 April, 2013.

ポスター発表

2019

2018

2017

10) “Operando 3D-Multiple Elemental Visualizatoin of PEFC Pt3Co/C Cathode Catalyst during ADT”
Y. Tan, H. Matsui, N. Ishiguro, N. Maejima, T. Uruga, O. Sekizawa, and M. Tada,
第31回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム(JSR2018), つくば, 2018年1月8-10日.

9) “Synthesis of Cubane-type [Mo3S4Fe] Clusters Supported by Cyclopentadienyl Ligands and Their Application in the N2 Activation”
R. Hara, M. Kachi, K. Uchida, M. Tada, Y. Sakai, and Y. Ohki,
第3回統合物質創製化学研究推進機構国内シンポジウム, 京都, 2017年10月30-31日.

8) “[Fe4] and [Fe6] Hydride Clusters Supported by Phosphines: Synthesis and Application to the Catalytic Silylation of N2”
Y. Ohki, R. Araake, M. Tada, and Y. Sakai,
第3回統合物質創製化学研究推進機構国内シンポジウム, 京都, 2017年10月30-31日.

7) “Nanoscale Chemical Imaging of Oxygen Storage and Release Particles by Hard X-ray Spectro-Ptychography”
M. Hirose, N. Ishiguro, K. Shimomura, N. Burdet, H. Matsui, M. Tada, and Y. Takahashi,
The International Symposium on Novel Energy Nanomaterials, Catalysts, and Surfaces for Future Earth - Materials Research, Characterization and Imaging by In situ/Operando XAFS and X-ray Techniques (NENCS), Tokyo, 28-30 Oct. 2017.

6) “Kinetics and Reaction Mechanism of Oxidation Processes on Pt and Pt3Co Cathode Catalysts Studied by Operando Time-resolved QXAFS”
S. Ozawa, H. Matsui, N. Ishiguro, T. Uruga, O. Sekizawa, T. Sakata, K. Higashi, and M. Tada,
The International Symposium on Novel Energy Nanomaterials, Catalysts, and Surfaces for Future Earth - Materials Research, Characterization and Imaging by In situ/Operando XAFS and X-ray Techniques (NENCS), Tokyo, 28-30 Oct. 2017.

5) “触媒能を示すナノシートの合成”
U. Nakajima, R. Sakamoto, S. Muratsugu, M. Tada, H. Nishihara,
錯体化学会第67回討論会, 札幌, 2017年9月16-18日.

4) “Cp系補助配位子を持つ[Mo3S4]および[Mo3S4Fe]クラスターの合成とFeサイトによるN2活性化の検討”
R. Hara, M. Kachi, R. Uchida, M. Tada, Y. Sakai, Y. Ohki,
錯体化学会第67回討論会, 札幌, 2017年9月16-18日.

3) “N-Heterocyclic Carbene-funcionalized Ru/K-Al2O3 Catalysts: Preparation, Surface Characterization, and Tunable Selective Hydrogenation Performances”
S. Muratsugu, J. Ernst, F. Wang, M. Tada, and F. Glorius,
253rd ACS National Meeting, San Francisco, USA, April 2-6, 2017.

2) “走査型顕微XAFS法による酸化鉄粒子のレドックス能劣化過程における結晶相分布の可視化”
鈴木陽也, 松井公佑, 石黒志, 新田清文, 関澤央輝, 宇留賀朋哉, 寺田靖子, 唯美津木,
第30回放射光学会年会・合同シンポ, 神戸, 2017年1月7-9日.

1) “オペランド時間分解XAFSによる固体高分子形燃料電池カソード酸素還元反応の触媒構造速度論解析”
田口将寛, 松井公佑, 石黒志, 関澤央輝, 宇留賀朋哉, 唯美津木,
第30回放射光学会年会・合同シンポ, 神戸, 2017年1月7-9日.

2016

16) “大気圧下での光電子分光測定に向けた装置開発”
高木康多, 中村高広, Yu Liwei, 坂田智裕, 関澤央輝, 宇留賀朋哉, 唯美津木, 岩澤康裕, 横山利彦,
日本物理学会年次大会・秋季大会(物性), 金沢, 2016年9月13-16日.

15) “Synthesis and Reactions of Low-Valent Cobalt Clusers Bearing Phosphines or Amides”
Y. Ohki, Y. Shimizu, R. Araake, M. Tada, J. Ito, and H. Nishiyama,
第63回有機金属化学討論会, 東京, 2016年9月14-16日.

14) “Synthesis of Mo-Fe Hydride Cluster from a Half-Sandwitch Mo Complex and an Fe-Amide Complex”
Y. Araki, Y. Sakai, M. Tada, and Y. Ohki,
第63回有機金属化学討論会, 東京, 2016年9月14-16日.

13) “Synthesis of Phosphine-Supported Fe-Hydride Clusters and Their Application in N2 Fixation”
R. Araake, Y. Sakai, M. Tada, and Y. Ohki,
第63回有機金属化学討論会, 東京, 2016年9月14-16日.

12) “表面場における金属ポルフィリンRu12-M錯体からの微小バイメタリックナノクラスターの創製と触媒作用”
横田元一, 山口敦己, 邨次智, 唯美津木,
錯体化学会第66回討論会, 福岡, 2016年9月10-12日.

11) “Ruポルフィリン錯体を用いた表面モレキュラーインプリンティング触媒の調製とステロイド類の選択酸化反応”
馬場寛, 谷本達哉, 寺尾陽介, 邨次智, 唯美津木,
錯体化学会第66回討論会, 福岡, 2016年9月10-12日.

10) “テトラメチル-またはペンタメチル-シクロペンタジエニル基を持つ不完全キュバン型[Mo3S4]クラスターの合成と性質”
原亮太, 内田圭亮, 唯美津木, 大木靖弘,
錯体化学会第66回討論会, 福岡, 2016年9月10-12日.

9) “[Co*Mo]2Fe2型ヒドリドクラスターの合成, 構造および反応性”
荒木優奈, 酒井陽一, 唯美津木, 大木靖弘,
錯体化学会第66回討論会, 福岡, 2016年9月10-12日.

8) “Synthesis and Properties of Bio-inspired [Cp*Mo]2Fe2 Hydride Clusters”
Y. Araki, Y. Sakai, M. Tada, and Y. Ohki,
Pre-ICMM 2016 in Nagoya “New Research Crossroads in Molecular Conductors and Magnets”, Nagoya, Sep. 2-3, 2016.

7) “In-situ Study of Oxidation States of Platinum Nanoparticles on a PEFC Electrode by Near Ambient Pressure Hard X-ray Photoelectron Spectroscopy”
Y. Takagi, H. Wang, Y. Uemura, T. Nakamura, L. Yu, O. Sekizawa, T. Uruga, M. Tada, Y. Iwasawa, and T. Yokoyama,
The 16th Inaternational Congress on Catalysis, Beijing, China, July 3-8, 2016.

6) “Preparation of Composition-Regulated Bimetallic Nanoclusters from Supported Metalloporphyrin ? Ru12 Complex”
A. Yamaguchi, S. Muratsugu, G. Yokota, M. Tada,
統合物質創製化学研究推進機構キックオフシンポジウム, 名古屋, 2016年6月23日.

5) “Synthesis, Structures, and Properties of Iron-Hydride Clusters Having Phosphine Auxiliaries”
R. Araake, Y. Sakai, M. Tada, Y. Ohki,
統合物質創製化学研究推進機構キックオフシンポジウム, 名古屋, 2016年6月23日.

4) “Preparation, Characterization, and Oxygen Storage Performance of CeCrRhOx Solid Solutions”
X. Huang, S. Muratsugu, H. Matsui, M. Tada,
統合物質創製化学研究推進機構キックオフシンポジウム, 名古屋, 2016年6月23日.

3) “Synthesis and Chemical Attachment of New Metal-porphyrin - Ru12 Complexes, for the Preparation of Composition-regulated Bimetallic Nanoclusters”
A. Yamaguchi, T. Maeno, G. Yokota, S. Muratsugu, M. Tada,
The 5th International Conference on the MEXT Project of Integrated Research on Chemical Synthesis"Chemical Science for Future Societies", Nagoya, Jan. 29-30, 2016.

2) “Synthesis of Phosphine-supported Tetra- and Hexa-Nuclear Iron-hydride Clusters and Their Application in N2 Fixation”
R. Araake, K. Sakadani, M. Tada, Y. Ohki,
The 5th International Conference on the MEXT Project of Integrated Research on Chemical Synthesis "Chemical Science for Future Societies", Nagoya, Jan. 29-30, 2016.

1) “In situ顕微XAFS法によるPt/Ce2Zr2Ox触媒粒子界面の酸化還元反応下における化学状態イメージング”
榎本香里, 石黒志, 松井公佑, 関澤央輝, 宇留賀朋哉, 唯美津木,
第29回日本放射光学会年会放射光科学合同シンポジウム, 柏, 2016年1月9-11日.

2015

9) “Understanding the Formation Process and Selective Nitrile Hydrogenation Performance of Ru Nanocatalysts on K-Al2O3 by in-situ Spectroscopy and Theoretical Calculation”
S. Muratsugu, S. Kityakarn, F. Wang, N. Ishiguro, O. Sekizawa, T. Uruga, T. Kamachi, K. Yoshizawa, M. Tada,
Pacifichem 2015, Hawaii, USA, Dec. 15-20, 2015.

8) “Synthesis of Low-Valent Cobalt Clusters from a Co(II) Amide Complex and Pinacolborane”
Y. Shimizu, Mizuki Tada, and Yasuhiro Ohki,
2ND Annual Syposium of the International Research Training Group 2027, Munster, Germany, Oct. 5-6, 2015.

7) “バイメタリックナノクラスターの組成・構造制御のための金属ポルフィリン-Ru12核錯体の合成,酸化物表面固定化”
山口敦己, 前野智亮, 邨次智, 唯美津木,
錯体化学会第65回討論会, 奈良, 2015年9月21-23日.

6) “PtSnバイメタル錯体を固定化した新規PtSn触媒の調製とα, β不飽和アルデヒドのC=O選択水素化反応”
岩瀬尚之, Wattanakit, C., 邨次智, 唯美津木,
錯体化学会第65回討論会, 奈良, 2015年9月21-23日.

5) “ホスフィンを補助配位子とする四核・六核鉄ヒドリドクラスターの合成と反応性”
荒明遼一, 坂谷和紀, 唯美津木, 大木靖弘,
錯体化学会第65回討論会, 奈良, 2015年9月21-23日.

4) “アンモニアで制御されたPtクラスター/βゼオライト触媒によるベンゼンと酸素からの選択的フェノール生成の活性Ptクラスター構造と反応経路に関する密度汎関数法による研究”
佐々木岳彦, 唯美津木, L. Wang, S. Malwadkar, 岩澤康裕,
化学反応経路探索のニューフロンティア2015, 東京, 2015年9月15日.

3) “In situ顕微XAFS法によるPt接触Ce2Zr2Ox粒子の酸化状態イメージング”
榎本香里, 石黒志, 松井公佑, S. Kityakarn, 関澤央輝, 宇留賀朋哉, 唯美津木,
第28回日本放射光学会年会放射光科学合同シンポジウム, 草津, 2015年1月10-12日.

2) “固体高分子形燃料電池に対するin-situ CT計測法の開発”
関澤央輝, 宇留賀朋哉, 松井公佑, 石黒志, S. Kityakarn, 岩澤康裕, 唯美津木,
第28回日本放射光学会年会放射光科学合同シンポジウム, 草津, 2015年1月10-12日.

1) “CT-XAFSによる燃料電池の空間分解XAFS解析”
松井公佑, 関澤央輝, 石黒志, S. Kityakarn, 宇留賀朋哉, 横山利彦, 唯美津木,
第28回日本放射光学会年会放射光科学合同シンポジウム, 草津, 2015年1月10-12日.

2014

10) “Dinitrogen Activation in the Presence of an Incomplete Cuboidal [Mo3S4] Cluster, Transition Metal Halides, and Reducing Agents”
K. Uchida, M. Tada, Y. Ohki,
The 2nd International Conference on Organometallics and Catalysis (OM&Cat-2014), 奈良, 2014年10月26-29日.

9) “Development of In-situ X-ray Laminography System for Polymer Electrolyte Fuel Cells”
O. Sekizawa, T. Uruga, T. Sasabe, N. Ishiguro, S. Kityakarn, T. Saida, M. Hoshino, Y. Iwasawa, M. Tada,
12th International Conference on X-Ray Microscopy, USA, October 26-31, 2014.

8) “N2 Activation by Metal-Sulfer Clusters Containing Molybdenum and Early Transition Metals”
K. Uchida, M. Tada, and Y. Ohki,
第61回有機金属化学討論会, 博多, 2014年9月23-25日.

7) “Co(II)ビスアミド錯体を前駆体とする低原子価コバルト-ヒドリドクラスターの合成と構造”
清水裕貴, 大木靖弘, 唯美津木,
第64回錯体化学討論会, 東京, 2014年9月18-20日.

6) “かさ高いterphenyl基をリン上に導入したジホスフィン配位子を有する単核ニッケル錯体の合成と反応”
鈴木宏徳, 唯美津木, 大木靖弘, 松本剛,
錯体化学会第64回討論会, 東京, 2014年9月18-20日.

5) “表面モレキュラーインプリンティング触媒のためのシリカ表面固定化Ruポルフィリン錯体の調製と構造解析”
谷本達哉, 邨次智, 唯美津木,
第64回錯体化学討論会, 東京, 2014年9月18-20日.

4) “固定化部位を有する新規Ptクラスター錯体の合成とカーボン担体への表面固定化”
宮本翔太, C. K. Kim, 邨次智, 唯美津木,
第64回錯体化学討論会, 東京, 2014年9月18-20日.

3) “Rh2Mo錯体を前駆体とした酸化物表面固定化RhMo触媒の創製と酸化反応特性”
田島峻一, 邨次智, 唯美津木,
第64回錯体化学討論会, 東京, 2014年9月18-20日.

2) “A Dinuclear Ni-Ni(methyl)(thiolate) Complex Modeling an Intermediate in the Enzymatic Cycle of Acetyl CoA Synthase”
R. Osu, Y. Ozawa, M. Tada, Y. Ohki, K. Tatsumi, and T. Matsumoto,
第3回統合物質国際シンポジウム, 福岡, 2014年1月.

1) “Reaction of an Incomplete-Cuboidal [Mo3S4] Cluster with Transition Metal Halides under Reducing Conditions”
K. Uchida, M. Tada, and Y. Ohki,
第3回統合物質国際シンポジウム, 福岡, 2014年1月.

2013

10) “かさ高いジホスフィン配位子を有するニッケル錯体の合成と反応”
鈴木宏徳, 唯美津木, 松本 剛,
第4回統合物質シンポジウム, 北海道, 2013年10月.

9) “N-へテロ環カルベン配位子を持つモリブデンアミド錯体とヒドロシラン類の反応”
青柳圭哉, 唯美津木, 大木靖弘,
第4回統合物質シンポジウム, 札幌, 2013年10月.

8) “酸化物表面固定化Ruナノクラスター触媒を用いたニトリル類の水素化反応特性”
王飛, 邨次智, 唯美津木,
第4回統合物質シンポジウム, 札幌, 2013年10月.

7) “Rh2Mo三核錯体を用いた新規表面固定化異種金属触媒の創製と触媒反応開拓”
田島峻一, 邨次智, 唯美津木,
第3回化学フェスタ, 船橋, 2013年10月21-23日.

6) “酸化物表面固定化Ruナノクラスター触媒の調製とニトリル類の水素化反応特性”
王飛, S. Kityakarn, 邨次智, 石黒志, 唯美津木,
第3回化学フェスタ, 船橋, 2013年10月21-23日.

5)“メソ多孔有機シリカの細孔表面に形成された金属錯体の構造解析”
白井聡一, 前川佳史, 脇稔, 邨次智, 唯美津木, 稲垣伸二,
第7回分子科学討論会, 京都, 2013年9月24-27日.

4) “雰囲気制御型硬X線光電子分光装置によるAu箔のin-situ測定”
高木康多, 王恒, 池永英司, 関澤央輝, 宇留賀朋哉, 湯本博勝, 仙波泰徳, 大橋治彦, 山崎裕史, 後藤俊治, 唯美津木, 岩澤康裕, 横山利彦,
日本物理学会2013年秋季大会, 徳島, 2013年9月25-28日.

3) “Selective Nitrile Hydrogenation to Primary Amine on K-Al2O3-Supported Ru Catalyst”
S. Kityakarn, F. Wang, S. Muratsug, and M. Tada,
The Sixteenth International Symposium on Relations between Homogeneous and Heterogeneous Catalysis, Sapporo, Aug. 4-9, 2013.

2) “DFT Study for Phenol Synthesis by Pt Cluster from Benzene and Oxygen in the Presence of Ammonia”
T. Sasaki, M. Tada, and Y. Iwasawa,
The Sixteenth International Symposium on Relations between Homogeneous and Heterogeneous Catalysis, Sapporo, Aug. 4-9, 2013.

1) “In-situ Investigation of a Gold Foil Using Ambient Pressure Hard X-ray Photoelectron Spectroscopy”
Y. Takagi, H. Wang, E. Ikenaga, O. Sekizawa, T. Uruga, H. Yumoto, Y. Senba, H. Ohashi, H. Yamazaki, S. Goto, M. Tada, Y. Iwasawa, and T. Yokoyama,
The Sixteenth International Symposium on Relations between Homogeneous and Heterogeneous Catalysis, Sapporo, Aug. 4-9, 2013.